台風の被害
2018.08.22
この夏、台風が次々発生しています。皆様のところは台風の被害はございませんでしたか? スタジオのあるビルの敷地内の樹齢150年ぐらいのザクロが台風で傾いてしまいました。根元の方を見るとほとんど皮ばかりみたいなことで支えの柱3本で持っていたのが台風13号で支えが外れてしまったようなことでした。主人と有り合わせの丸太を二本入れてヨイショヨイショと少しづつ押し上げて起こしたものの、奥に止めてある車の出入りができなくなりました。それに今度また台風が来たらボッキリ折れてしまいそうでもあります。



植木屋さんに見に来て頂いたら、上の方が重すぎるのでかなり詰めることになりました。これで<風当たり>もかなり違ってくるはず。あらたに支柱3本で支えていただきました。次の台風が来る前に間に合って良かったとホッとしているところ、寿命を全うしてほしいと願っています。100歳になる伯母が子供の頃にこの木の根元で遊んでいたそうです。床屋さんに行ったみたいにスッキリしました。


避難所運営訓練
2018.08.19
8月18日(土)8時半から、この地区の指定避難場所になっている高砂小学校で避難所運営訓練がありました。毎年実施しているそうですが私は初参加。以前参加したことがある知人から「マンホールを使っての仮設トイレ組み立てなどすごく参考になった。」と聞いて参加してみることにしました。(今回その組み立ては外が暑いので省略になってしまいましたけれど。)

テレビのニュースなどで地元の学校の体育館などに避難している人たちを見ますが、体育館に足を踏み入れて「ここで大勢の人たちと数日間共に生活するのはどんなに大変なことだろうか」とあらためて思いました。受付名簿にペットの有無や連絡先の親族などの電話番号を記入するようなことも災害発生時と同じ用紙に。参加者69名、年々参加者が減っているそうです。以前は100名超えていたのだとか。自治会ごとに4カ所に別れてブルーシートを敷いてそこに集合。役割が振り当てられて、私たち仲一自治会は<救護>と<食料>を担当することになって、防災倉庫から非常食のパンとペットボトルの飲み物を運んできて、袋につめて当日の参加者に分けるという作業や、三角筋の使い方の講習など。校庭には震度7を体験できる起震車も来ていて順番に体験。消防車の放水を見学したり。

ちょっと驚いたのはシュミレーションでは50ミリの雨で東口の仲本小学校付近は浸水被害になるのだそう。あの辺りに用水路みたいなものがあったかしら?と思うのですが、坂の下ですから大雨だとその辺りに水が貯まるということなのかしらね。今回の各地の大雨はそんなものではなかったですよね。仲本小学校は指定避難場所になっていますが地震などでは使えても大雨のときはどうなのだろうか?と思いました。

帰宅困難者の一時滞在施設というのが貼り出されておりましたので、地元の情報として載せておこうと思います。スタジオプラネットは台風などあらかじめ予報でわかる場合、演奏会などは延期になるでしょうけれど、地震の発生で交通機関が麻痺したようなときには遠方から来られているご利用者にご案内する必要があるかもしれません。そのような事態がこの先ずっとおこらないで済みますように願うばかりです。



ホテルメッツ浦和 50名
コルソ 150名
ワシントンホテル(3階) 200名
ロイヤルパインズホテル 300名
市民会館(地震のときには開設せず)600名
埼玉会館 500名
共催会館 (4階から6階)470名
2018.08.19 09:11 | 固定リンク | 地元の話題
アイランドホースリゾート那須
2018.08.11
台風が関東地方直撃するかもしれないと報道されていた9日の午前中、アイランドホースリゾート那須での外乗を知人が予約してくださっておりました。「キャンセルする?どうする?」というようなメールのやりとりをしたあと、前日8日に問い合わせをしようとしたら定休日で「行ってみるしかないよね」ということで果敢にでかけました。大宮駅で東北方面の新幹線ホームは溢れんばかりの人でびっくり。ちょうど私が乗る8時10分の新幹線の直前に二台の青森行きがあって、それが混雑していたので「これから東北方面に台風が行くのにみなさんお出かけするのだ。」と自分のことを棚に上げて思ったりしました。

途中青空も見えてきて「これなら騎乗できそうね。」と話しながら向かいました。雨は大丈夫でしたが暴風に近いような風がすごくて、折れた枝などが飛んでくると危険なのでショートコースに変更ということでした。木々を揺らす風のゴーッという音がすごくて、馬が驚いて暴走しちゃったら柵のある馬場ならいざ知らずこの広さで突っ走る馬にしがみついている自信もないので乗るのをやめようかと一度は思ったのですが「せっかくここまで来たのだ」と思い直して乗ることに。(左が私)



東京ドーム11個分の広大な敷地。これまでも富士山の裾野などの外乗に行ったことがありますが、一般のトレッキングコースなどを利用したもの。こちらは自社の敷地内での外乗ができます。北海道ならいざしらず首都圏からこんな近いところにこんな広々したところがあるなんて。」と驚くやら感激するやら。地名に那須とついていますが実際には大田原市のようです。

こちらでは馬糞を利用した無農薬野菜を作る農場を持っているのだそうで、乗馬クラブの受付や更衣室などがあるクラブハウスが眺めの良いレストランにもなっていて、私たち以外はランチだけに来られたような家族がお食事を楽しまれていました。都会的でお洒落なレストランで風景が美しく見える大きなガラスの壁面の向こう側に、思いがけずミニチュアホースが登場してちょっとした芸も披露してくださって子供さんたちが(私もですが)喜んでいました。

YOU-TUBEにこちらの紹介がありましたので載せておきます。この最後にレストランの隅の方にピアノがあるのが写っていますが、ときどきライブなどもなさっているのだそうです。乗馬して美味しいお食事をいただいて生演奏もついていたら最高の贅沢。こちらの農場ではこの4月から湯津上村民食堂というレストランも始められたのだそうです。村民食堂は軽井沢(星野リゾート)が有名ですが関連あるのかしら??



乗馬の案内をしてくださった女性スタッフの車に NO HORSE/ NO LIFEというステッカーが貼ってありました。「馬がいなかったら人生じゃない」ぐらいの感じでしょうか。

宇津井健さんが80歳でスペインに10年ぶりに(奥様の介護で中断していた)乗馬をなさったドキュメンタリー番組があったことを乗馬雑誌で知りました。70歳過ぎてから人生すごく楽しくなったのでもっと早くに70歳代になりたかったと話されていたそうです。なんだか嬉しくなりました。私も80歳までスタジオもお馬さんも続けられたらと願っています。

- CafeNote -