つれづれ
2018.07.29
またまたブログの更新できないでいるうちに一ヶ月経ってしまいました。西日本の土砂災害、復旧もままならないうちにまたもや台風がいつもとは違うコースで通るようなことで大変。昨日はギターの発表会でご予約いただいていたのが台風で延期に。きょうはいつも第4週にご利用のジャズボーカルのグループの主催者が先週は浦和祭り参加のため本日ご利用くださいました。

先日、三階のスタジオの階段を降りてきたら顔見知りの方とばったり。「職場がここなもので。」と何気なく言ったら「まぁ、お仕事なさっているの。いいわね。」と仕事の内容も聞かずに言われました。確かに世間では退職する年齢なわけですから、まだ仕事があって働いているというのを羨ましく思う人もいるのかもしれません。でもこのビルはダンス教室と居酒屋さんしか入っていません。足に問題を抱えている私がダンス教室で働いているとは思えないでしょうから居酒屋さんで働いていると思われたかしら?

この一ヶ月間の変化といえば、これまで通っていた越生の乗馬クラブを退会して、通えるかどうか自信ないけれど下田の乗馬クラブに行き始めたこと。(はい。あの伊豆の先端の下田です。)秩父や春日部から通われている人がいるとお聞きしたことで、私も同じ埼玉の人間として「もしかしたら私にも通えるかもしれない。」と思った次第。<馬にも人にも優しい>というセンタードライデイングという乗り方でのレッスンをしていただけるところがポイント。演奏家の方たちがワークショップで体験されることの多いアレクサンダーテクニークのようなことも含まれています。センタードライデイングの本にはアレクサンダーさんの乗馬姿の写真もありました。(あれ?これって前に書いたことあったのだったかしら?)

下田にはここのところ電車での日帰りを二回、車で一泊二日を一回、いろいろなパターンを試してみています。最初に下田乗馬クラブに行ったのは1月、爪木崎の水仙を友達と観に行った時とき寄ってみたのでした。その時には「遠いので滅多にこられないだろう。」と思ったのでした。

越生の乗馬クラブを退会したのは私が専用馬にしていたジュピターを買い取って自馬になさった人がいて、私はもう乗れなくなってしまったことも大きかったです。そう知らされての最後のレッスンで「ラスト一周」と言われて「二度とジュピターには乗れないのだ」と思ったら涙がこぼれて、お馬さんから降りてから大泣きしました。まるで失恋した気分。自馬になさった人はその後、他のクラブにお馬さんごと移籍なさったことを先日知らされました。「自分がこんなに馬が好きだった」なんて、ノホホンと育ったのでこの歳まで気がつかなかったことが迂闊だったと思います。年下の従姉妹は高校から乗馬部で障害なども飛んでいたのに‥。
JR東日本大人の休日倶楽部乗リ放題 ほか
2018.06.28
あっというまに前回の日記からひと月経ってしまいました。このひと月、怒涛のような日々を過ごしておりました。一番の出来事は、元気だった従姉妹が突然亡くなったこと。「ピンピンコロリが良い。」と申しますが、周囲はショックが大きくて大変。ほどほどが良いと思ったことです。(思ったところでそうなるわけではありませんが。)私も彼女のように突然逝ってしまうようなことになると、スタジオの御予約を頂戴している方たちにご迷惑おかけしてしまうことになりますから、「何歳までスタジオを続けようか?」と思ってしまいます。可能であれば私がダウンしても引き継いでくださる人がいたらと思うのですが‥。

JR東日本大人の休日倶楽部乗り放題が一年に三回あるのを利用して、二泊三日で青森のほうにでかけてきました。いつも浦和駅北口を利用するので、気が付かなかったのですが、東西にでる正面の改札を入ったところに、私が五所川原で見てきた<たちねぷた>が飾られているのに初めて気が付きました。いつからあったのだろうか?

五所川原には太宰治の生家である斜陽館を見たくて出かけたのでしたが、レンタカーを借りて五所川原に向かうと途中から<たちねぷたの館>の(漢字表記が探せません)大きな看板が「ここから何キロ」という表示が度々でてきて、そちらを先に見学することに。高さ23メートルものねぷたが展示されている建物は6階建て、4階までエレベーターでねぷたの高さまで上がって、そこからスロープで降りながら間近にねぷたを見られるようになって見応えありました。1998年から90年ぶりに祭りを復活させたということで、一度廃れたものを再現するのはどれほど大変だったことかと思います。祭りのようすが上映されているのを見て「一度祭りそのものを見てみたいものだ」と思いました。

大宮駅の新幹線乗り場は<大人の休日倶楽部>が使える世代の人たちであふれかえっておりました。青森までのはやぶさは全席指定。指定券を買いに行ったら私の希望の時間帯の列車は満席。東北の方達は逆に伊豆箱根などこちらへ出かけてくるようなことで賑わうらしいです。梅雨時の旅行者が少ない時期に設定したJR東日本のアイデアはなかなかだと思います。京都始め観光地が多くて一年中利用者の多い他の地域ではそういう乗り放題は無いのだとか。

斜陽館は50年間旅館として使われてきたのを1億7千万(だったと思う)かけて、復元したもので2004年から国の重要文化財に指定されているそうです。梅雨の時期でしたが三日間お天気にも恵まれてラッキーでした。

2018.06.28 11:06 | 固定リンク | 未分類
定期でのご利用/プラネットジャズボーカル
2018.05.27
きょうは第四日曜日。毎月、第四日曜日はジャズボーカルの愛好家の方達の会がプラネットをご利用くださっています。本来、私の都合が悪いと(結婚式や法事が入ったりみたいなことで)スタジオが空いていても貸し出しできなかったりするので定期利用というのは無理なわけですが、そういうときは鍵をお預けして開け閉めからご自分達でしていただくようなことなどお互いの条件をいろいろ話し合ってご利用いただくことになりました。

昨日、クリスマスの時期の申し込みを予約受付開始の6月1日に予定されている方から12月23日のご希望ということでお問い合わせをいただきました。「第四日曜日は定期利用の方がおいでなので。」と返信しながらブログでもお知らせしておいた方が良いかもしれないと思った次第です。スタジオが盛況だったころには12月の予約の始まる6月1日は受付開始の午前0時にファックスやメールが入って、受付順に見ながら午後の時間帯を夜の枠にずらしていただいたり第二希望日での調整をしていた時期のことを思い出します。貸し出しなどのお手伝いをしてくださるスタッフがいた時期もございましたが、一度クローズしてからは年齢的にも退職した人の第二の職場みたいなペースでの貸し出しがちょうど良くなっております。


ジャズボーカルの会を主催なさっている西田氏から頂戴したメールでホームページがあることを知りました。メンバー募集もなさっておいででしたので、公開しても大丈夫と思いますのでご紹介させていただきます。こういう会ですと会場が決まらないと運営しにくいと思いますし、スタジオ側としても毎月ご利用くださる方への特典として「半年前にご予約」の例外として第四日曜日を確保ということにさせていただいております。プラネットジャズボーカル


以前、スタジオで長らく続いたジャズボーカルの会がありました。ストレスマネジメントで著名な精神科医の(故)丸野寛先生が主催なさっていた会。その続編みたいな感じです。マーサ三宅先生のジャズボーカルの生徒さん中心の会でしたが、私の足の状態が悪化したときにスタジオを半ばクローズして、貸し出しは<調律付きの方のみ調律師さんが代行>に切り替えた時期に終了となりました。丸野先生は私の手元にあったサブリミナルのcdの推薦文を書かれていたり、若いころに新聞記事から切り抜いてスクラップブックに貼ってあったメンタルヘルスのシリーズを書かれた先生でもあって嬉しかったです。鬱っぽくなったりしたときにはスタジオに来られたときにちょこちょこっと相談したり。


ジャズボーカルの会はもう数年続いているように思っていたらまだ2年目なのでした。主催の西田様にはスタジオの音響機器のことで相談にのっていただいたり、備品の修理をしていただいたり、いろいろお世話になっております。ジャズボーカルの会のピアノを担当なさっているのは戸谷東氏で、戸谷氏はジャズの生徒さん、奥様はクラシックの生徒さん、お二人の生徒さんの合同の発表会でスタジオができたばかりのころからずっとご利用くださっております。西田様から「(会ったことはないけれど紹介者がいて)地元のピアニストの戸谷さんにお願いすることになった。」とお聞きしてびっくり。ご縁を感じて嬉しく思ったのでした。







- CafeNote -