日曜午後のサロンコンサート ご案内
2018.05.05
これまで秋にライブを開催なさっていた藤野様主催のChokorat Plus 今回は初夏,
6月3日の14時からの企画です。素敵なチラシをお送りいただきましたので、アップさせていただきますね。前回も私の青春時代に聴いた懐かしい曲の数々、 当時の映画音楽などはスタンダードということで定着しているのでこうして聴かせていただけるのでしょうね。


お申し込み先:chocolatplus◯yahoo.co.jp
◯を@に変えて送信してください。(スパムメールを避けるため)
ショコラ プラスのホームページ ショコラプラス


ベネルクス三国より無事に帰国
2018.04.15
マリアデユオは10日からのネパールツアーを終えてそろそろ戻る頃でしょうか。私は4月4日から11日まで、オランダ、ベルギー、それにベルギーからの日帰りでルクセンブルクに出かけてきました。

10年ぐらい前にフェルメール展ということでデルフトの画家たちの展覧会が開催された時にデルフトの街を描いた絵が何枚かありました。イヤホンガイドで「今もほとんどこの景色は変わっていない。」というような解説があって「いつの日か行ってみたいなぁ。」と漠然と思っておりました。数年前にフェルメールの<真珠の耳飾りの少女>の展覧会が東京都美術館であったときにも見に行ったのでしたが、その少女の絵とマウリッツハイス王立美術館で再会(?)できて嬉しかったです。アムステルダム国立美術館ではフェルメールの絵が4点飾られていましたが、4点とも揃っていることは珍しくてラッキーとのこと。日本にも貸し出したわけですから世界各地に貸し出しているのでしょうね。


マリアデユオの先日のパーテイにキッシュと人参とレーズンのマリネを差し入れしました。それは浦和の市民会館近くのグッデイズカフェのオーナーシェフの中野さんによるもの。中野さんはアムステルダムのホテルオークラの厨房で5年お仕事をなさっていた方です。ガイドさんに「ホテルオークラってどの辺ですか?」と聞いたら「ちょっと中心からは外れています。」ということでしたが、ベルギーから戻ってくるときに「あの建物がホテルオークラです。」と教えてくださいました。


初日に訪ねたクレイユというオランダ最大のチューリップ畑はまだ開花していなくて残念でしたがお庭の綺麗な閑静な住宅街を散策したのち予定外のアムステルダムの市内観光を取り入れていただきました。翌日訪れたキューケンホフ公園では辛うじて早咲きのチューリップがクロッカスや水仙などとともに咲いているのを見ることができました。広々した温室にはまだ外では咲いていないような種類の珍しいチューリップ始めたくさん咲いているのを楽しむことができました。雨や風の日でも温室ならいつでも見られますものね。3月末から5月まで期間限定でチューリップの時期だけ開園する公園。イースターのお休みで世界各地から大勢の観光客で賑わっていました。4月中旬のトップシーズンの土日になると駐車場待ちで1時間半ぐらいかかることもあるのだそうですから、時期は早かったですけれど「良かった。」と思うことに。


海外にしょっちゅう出かけている知人が「どこに行っても大聖堂とかステンドグラスとかで感激しなくなっちゃった。」と贅沢なことを言っていました。その彼女に街でバッタリ会ったらこの時期でもダウンのコートを持って行くように言われました。初日は寒くてダウンで大正解。6度ぐらいの冬日から24度ぐらいまで気温差があってびっくり。7人のツアーで、年齢層もほぼ同じ、ゆったりした旅程でしたので帰国してからの疲れも出ずに済んでおります。
マリアデユオ会社設立記念コンサート終了
2018.04.02
マリアデユオの会社設立記念コンサート、親しい方々をお招きして和気藹々のうちに無事終了。マリアデユオの演奏は残念ながら聴けなかったのですが、「客入りの時に何かBGMを」と申し上げて持って来ていただいたマリアデユオのCD二枚、頂戴できて嬉しかったです。もしかすると「そのCD欲しい!」みたいなことが顔に出ていたのかもしれません。写真は会社設立のご挨拶をなさるマリアデユオ。



本来、(2月17日のブログに書いたような訳で)飲食中心のパーテイはご遠慮いただいておりますので、チャリテイコンサートから設立記念祝賀会に変わった時に「あら、どうしましょ。」と思ったのでしたが、知人に懸案事項のピアノのことを相談したら「衝立があれば」と言われて、そういえば収納庫に衝立があるのを思い出して、ピアノの前に置くことに。ご挨拶の中でも「ピアノに触らないように。息さえもかけちゃダメですよ〜。」とユーモアたっぷりにご注意くださっていました。祝賀会も演奏会中心の会ということにしてくださったので、両者の歩み寄りといったところでしょうか。

何人かは<よし地蔵展>や<バレンタインコンサート>でお会いしたことがある方々。それぞれの方のスピーチでマリアデユオと知り合ったいきさつなど語られました。私が一番知り合ってからの年月が浅いのですから、会場がプラネットじゃなかったらお仲間に入れていただけなかったかもしれません〜。前日になって「当日スピーチをお願いします。」と言われて、以前そういわれたときにお断りしたつもりになっていたので、前の晩に「早口で人前で話すの苦手なのに困った。」と寝付けなくなってしまいました。「開き直って早口言葉でスピーチ締めくくっちゃおうか」と思いついて、そうさせていただきました。

お弟子さんたちの演奏に、最後はギターの兄妹弟子だった方の講談(!)までも聞かせていただいた後に、ビンゴもご用意くださっていました。賞品は各自が好きなのを選ぶことになっていて、私はギターの形をしたキーホールダー(タイのお土産)があったので、それを選びました。近々「いつ以来だったかしら?」と思う久々の海外旅行にでかけるのですが、その旅行鞄の鍵にさっそくキーホルダーをつけました。



私の久々の海外旅行、マリアデユオのネパールツアーと重なってしまいました。クラウドファンデイングに協力したことでネパールのマリアデユオ音楽院で<プラネット>と私の名前を入れてくださったギターで練習している少年にも会いに行きたかったし、音楽院の生徒たちの演奏も聞きたかったのに残念です。マリアデユオは「音楽大学をネパールに設立する」というさらなる目標に向かって活動を続けていかれます。何しろパワフルなお二人に感服。プラネットにご来場くださった皆様と(株)マリアデユオのスタートをご一緒にお祝い、激励できたこと心から嬉しく思いました。

- CafeNote -