<マチネの終わりに>の映画化
2018.09.16
平野啓一郎さんの<マチネの終わりに>が映画化されることが話題になったのをきっかけに、
買ってあった<マチネの終わりに>のCDを久しぶりに聴きました。このCDは2016年の10月19日発売。私は発売前に予約しておりました。というのも、小説ではギターの名曲が演奏される場面が多い中で、ただ一曲だけ架空の曲<幸福の硬貨>というのがあって、当然のことながら聴いたことがないわけで、小説読みながら「どんな曲かしら?」と思っていたのでした。それが新たに作曲されて収録されているとのこと。「どんな曲になったのだろう? 聴いてみたい!」という思いからでした。

この<幸福の硬貨>はボーナストラックとしてCDの最後にもはいっていて、CDの解説によれば最初の演奏(2分30秒)よりやや長い(2分52秒)ゆったりした演奏になっているのは、小説の中で二回演奏される状況が違うので、それぞれ弾き分けているのだそうです。他の曲についてはこのCDのために新たに演奏したわけではないので演奏した年齢に25年の幅があるそうです。そういう観点からもちょっと面白いCDなのかもしれません。

このCDが発売された後に、作品のモデルと(読者の皆が思っているであろう)ギタリスト福田進一氏、作家の平野啓一郎氏、それに<幸福の硬貨>を作曲した林そよか氏の三人のトークもある白寿ホールの演奏会も聴きに行きました。いつだったろうか?と思ったら2017年の1月7日のこと、私の記憶が間違っていなければ、新聞に連載している頃から「映画化はしないでほしい。」という声が上がっていたようでした。主人公たちのイメージが演じる役者さんのそれになってしまうからというようなことで。今回の映画化では福山雅治さんと石田ゆり子さんが演じるということで、映画化しないでほしかった人たちにとってはどうなのだろうか?イメージに近いのかしら? と思います。

「映画化されることで、クラシックギターの魅力に多くの人が関心を持ってくれると良いのだけれど。」と私のギターの先生が言っていました。ヴィラロボスのガボットショーロとかピアソラのタンゴ組曲とか私は大好きなのですが、巷ではあまりポピュラーではなさそうですものね。ギター曲というと「禁じられた遊び」「アランフェス」「カヴァテイナ」といったところどまり。私は最初に(フルートとの二重奏の)ギターのパートナーがスタジオに持ってきてくれた(その人がスペインで師事していた)ホセルイスゴンザレスのCDのスペイン舞曲 アンダルーサを聴いた時の衝撃が忘れられません。「ギターってこんなに表現豊かな楽器だった?!」 本来ピアノ曲なわけですが、まるでギターのために作られたように思われるほど素敵な演奏です。

「ギターはその音色を聴くのが好きなのであって、習い始めちゃったのは誤りだったのではなかっただろうか?」と思うこの頃です。でもたとえば老後、どこかの施設に入らなくちゃならないようなことがあったとしてフルートだと響きすぎて部屋で吹けないけれど、ギターなら迷惑にならずに部屋で一人で弾いて楽しめそうだし、フルートでは演奏を聴いてもらうことしかできないけれどギターなら歌の伴奏できたりもしそうだしと思ってみたりしております。
スタジオご利用の人数について
2018.09.10
「何人ぐらいの会場ですか?」と尋ねられることがあります。演奏会の内容によって変わってくるので回答が難しいです。<ステージがあって客席固定>の会場ではないので客席のしつらえで変わってくるからです。ピアノのソロ、弦楽四重奏のように演奏者の数でも違ってきますし、ドリンクサービスをつけるのかつけないのかでも違ってきます。(その場合、来場者の動線があるので50名ぐらい)テーブルも出して「軽食のようなものを並べて着席して聴く」ということであるならもっと少なくなります。(テーブル5台だして6人づつ着席で30名ぐらいまで)

スタジオの椅子は背もたれ付きがスタジオ内に48脚、背もたれのない椅子が収納庫に20脚あります。つまり椅子は全部で68脚。背もたれつきの椅子は12脚づつ4つに分けて積んであって、うち2つはキャスターつきのラックにのせて置いてあります。


背もたれつきの椅子は本来50あったのですが、「張り替えしようかしら?」と思った2つをキャスターの一番下に縛り付けてしまいました。これは一つにはキャスターへ椅子の置き方が難しいようで、終了時に片付けようとして一番下の一脚を間違った角度でのせると積みあげた時にキャスターが動かなくなってしまうために置き方のサンプルの意味合い。

もう一つは「お客様が70人ではなくて、演奏者、スタッフ、含めての数が70」ということを下見にきていただいた方に印象づけるため。つまりバイオリンとピアノのように演奏者が二人いたら、スタッフも着席で聴くとして客席は68にしていただきたいと思うからでもあります。

「椅子を持ち込んで100席にして利用していいですか?」と聞かれて、100席のほかの会場を探してくださるように申し上げてお断りしたことがありました。スタジオの雰囲気としては落ち着いてサロンコンサートをということであるならゆったりと30人ぐらいでのご利用が最適と思います。その場合、キャスターに積んだまま椅子を収納庫に片付けてしまうことができて便利かと思います。
非常時の備え/ジェラールアビトン 詳細
2018.09.07
台風21号が去ったと思ったら今度は北海道での地震で驚きました。先月の避難所設営訓練で地震を体験する起振車がきて、ダイニングテーブルに座っている設定で震度6という揺れを起こしていました。私は車酔いみたいになりそうだったのでパスして見学だけ。体験した人たちは口々に「あの状況では身動きできない」と言っていました。かなり前の宮城県沖地震のときに(当時仙台に住んでいた)父が「テーブルの下などに入るように」と言われているけれど、部屋が揺れてテーブルが動くので一緒になって床を這わなくちゃならなかったと話していたことを思い出しました。

温泉病院のある山梨は富士山を抱えている(?)だけあって、避難訓練に「富士山が噴火したとき」というのを先日は役所内で机上での計画のようなことをして、11月には民間の人たちを交えた実際の訓練をするような報道がされておりました。災害は自分の住んで居る地域とは無縁のことのように思いたいですけれど、「被災地の方々はお気の毒に。」とテレビを見ていた人たちが「まさか自分たちが避難所生活をするなんて。」みたいなことですものね。他人事ではありません。

私は阪神淡路の震災以来、水やレトルトのご飯などの非常食、カセットコンロのガスボンベなど用意してあります。車のガソリンも半分になったら満タンにするようにしています。東日本大震災の直後も、それで石和の温泉病院に行って来られたのでした。途中談合坂SAで「一台10リットル」の給油に車が長い行列をしていました。石和で満タンにできるガソリンスタンドがありましたし、スーパーではこちらでは買えないような商品も買い込んで帰宅したのでした。

東日本大震災のときに計画停電がありました。そのときは懐中電灯や蝋燭でしのぎました。懐中電灯の灯りの先にペットボトルの水を置くと光が散乱して周囲が明るくなるということで廊下にひとつそんな風にして置いてみたりもしました。その後、廊下にいくつかある埋め込みの照明器具のひとつを非常時にLEDが5.6時間つくようなのに代えました。懐中電灯照らしながら歩くのでは手に持っている人だけですが廊下の灯り一つでもいつもどおり点灯していると良さそう。それにランタンも買いました。四段階になるすぐれもので、逆さにしてぶら下げることもできるのでキャンプなどする人にも良さそう。寝る前にはあまり部屋が明るくない方が良いというので、日頃の生活でも寝る前にはコレをつかっています。バロックギターの竹内太郎氏の演奏会に貸し出したことを以前書いたことがあったような。スタジオ内をほの暗くして手もとの灯りとしてこのランタンを使いました。中世の館での演奏会のような雰囲気になりました。



お約束のジェラールアビトンの演奏会の詳細
GERARD ABITONで検索するとyou-tubeに演奏動画あります。
演奏曲目などは前のチラシをクリックすると多少大きくなりますのでそちらを。
10月20日(土)カフェラルゴ 
http://www.cafe-largo.jp 03−3930−9898
13時30分開場 14時開演 チケット5000円 要予約
主催(株)マリアデユオ 048−606−2731
shinobuguitar◯mariadyuo.com (◯を@に変えてください。)

マスタークラス
10月21日(日)マリアデユオサロン 市川
東西線原木中山駅 徒歩7分
047−327−7663 藤森方
一時間13000円 5名 聴講2000円
(開始時間などはチラシにはないので直接お問い合わせくださいますように)

- CafeNote -