仙台のスタジオプラネット
2022.02.12
仙台のスタジオプラネットは、本来バレエのお稽古場だったものを集会場のような形で皆さんに使っていただくようになさったのもの。ホームページはありませんが、かなり前に検索してみたらチェンバロを運び込んで演奏会をなさった方のページがヒットしたことがありました。お友達が送ってくれたプラネットの看板の写真、プの小さな丸が輪のついた土星になっています。

仙台のスタジオプラネット主催者Tさん(前のブログに書いた故人)は、実は私の初恋の人。私が小学校5年生のとき1学年上に転入してきました。私が習っていたバレエの先生の妹さんが三人のお子さんを連れて、お姉さんである先生を頼って仙台に来られたのでした。都会の香りをさせた垢抜けた美少年でしたから「んだ、んだ(そうだそうだ)」みたいな仙台弁の同級生の男の子とは別格に見えました。卒業式のリハーサルに5年生の私は在校生代表で参列、中学生の白い詰襟姿の6年生が大人にみえて、密かに誰にも打ち明けることなく憧れておりました。

Tさんは中学に進学して学校は別になりましたが、週末の土日にバレエを習いに行くと姿をみかけました。バレエ教室のクリスマス会ではお隣の席になって、ちょっとだけ言葉を交わしてドキドキときめいたり。一年後に私は同じ中学に進学。あるとき職員室の前の黒板に「〇〇横浜に転出」というのが書き出されているの見て「これで生涯会うこともないのだろう。」とたまらなく悲しかった。

それから数十年後、酒田に一緒に旅行した仙台の友達に宿で「もう時効だから話すけれど、私の初恋の相手って一学年上のT君という子だったのよ。」と話したら、「T君はバレエの先生の養子に入られて、今、民生委員で一緒に地元で活動している。」と聞いてびっくり。T君がちょうど絵画や造形の個展を開くということで、展覧会見に行きながら会ってみようかとも思いましたが、当時の<目の綺麗な美少年>のイメージのまま心の中に大切にしまっておこうと会うのはやめました。ひとつには私は脚を悪くしたばかりで杖をついて跛行していましたから、そんな自分を見て欲しくないという思いもありました。

その後、バレンタインデーには「初恋の相手にチョコレートが贈れるなんて幸せ!」と思いながら送りつづけ、年に二、三度、落ち込んだり何か共感を分かち合いたいことがあると電話しておりました。電話で話すだけだったおかげもあってか、いつのまにか他の人には話せないことも相談できる兄のような存在になっておりました。最後の2月1日の電話では「映画<男と女>の続編ができたことを話しました。<男と女>は1966年の映画、その後53年後の2人が再会するストーリーを自分達に重ね合わせたりして。you-tubeで流れるイントロを聴くとなんだか泣けてきます。
ホームページ4月ちょっとだけ改訂/バレンタインのチョコレート
2022.02.12
ブログの更新できずにいるうちに2月中旬になってしまいました。今、スタジオのホームページをスマホから見やすくする改訂する作業をしていただいています。スタジオに上がる正面階段も2階にサイゼリアが入って様変わりしたりで、数枚画像の入れ替えをすることにしました。お申し込みページも簡素化していただくことになっています。最初のホームページに入れてあって、ニフテイのサイトからこちらにお引越ししたときに消した、切り絵作家の丘光世氏に描いていただいたフルートを吹いている(私の)シルエットも復活していただくことにしました。フルート愛好家であることがこのスタジオを造ったきっかけでもありますので。

今、迷っているのはスタジオにwi-fiを備えるかどうかです。スタジオにはテレビのジャック(アンテナ端子)があります。スタジオでテレビを見ることはないので、すっかり忘れておりました。ビル自体にjcomが入っているので、そのアンテナ端子の状況次第ではjcomが使えそうなのです。演奏会をライブ配信なさった方から「wi-fi使えますか?」と聞かれたことがありました。他の人の演奏動画を参考までにyou-tubeなどで見るようなときにも便利そうではあります。でも使用頻度を考えると導入してもあまり活用されないかもしれません。近々アンテナ端子の確認にきていただくことになっているので使えそうだったら考えようかと思っています。

2月14日はバレンタインデー。デパートやスーパーにチョコレートがたくさん並んでいます。プラネット(惑星)のデザインのチョコレートをAmazonで見つけて、仙台でスタジオプラネットを主宰しているTさんに送りました。Tさんが今から10年ぐらい前にそのスタジオを始めたとき、エトワール他いくつかの候補を知人たちに見せた中でプラネットが良いと皆さんから言われたのだそう。Tさんとは一年に2、3度、電話で話すだけのつながり。2月1日に「惑星のチョコレートを見つけた。」「面白そうだね。」ということで送ったのですが、思いがけないことに、Tさんはそのチョコレートを受け取ることなく亡くなってしまい、電話からちょうど一週間後の8日、仙台で荼毘にふされました。

2月1日に電話の最後に「じゃぁ、元気でね!」と同時に口にして笑いながら電話を切ったのに、その二日後に自宅で亡くなっていたということを共通の友人から知らされました。元気な声をきいたばかりだったので全然実感が湧かずにおりました。ポストに置き配になっていたチョコレートはお兄様が持ち帰り、御霊前にお供えしてくださることになりました。バレンタインデーに贈ったチョコレートだったのに‥。写真は自分用に買った同じ品、蓋を開けたところ。蓋の裏側に惑星の名前とチョコレートの味が書いてあります。例えば水星(右から二つ目)はラズベリーキャラメル。

左から順に 天王星/木星/金星/地球/火星/水星/土星

丸く見えますが球体の半分で裏側は平ら。

月食 レオニダス北浦和店
2021.11.20
昨夜は月食、我が家はビルに囲まれていてお月様見えないので、スタジオのあるビルの7階から屋上にあがる踊り場に上がって見ました。眼下にヨーカドーの屋上のテニススクール始め街明かりがたくさん。何年も前になりますが、ハワイ島にすばる望遠鏡見学ツアーに出かけたとき見てきた月食を思い出しました。

このブログに書いたことがあったのかどうか‥、天体写真を撮る人たちと一緒だったので足元を照らすような明かりも(撮影の)邪魔になります。月が地球の影で覆われると付近は真っ暗、それこそ<鼻をつままれてもわからない闇>につつまれます。暗闇にぽっかり浮かぶ影のような月は本当に神秘的。月の周りには星もたくさん見えるのです。月食が終わるとまた満月の明るい光が戻り、周囲の星は見えなくなります。いにしえの人たちが「立ち待ち月」「寝待ち月」というように月の出を待ったことが、あの暗闇を体験するとよくわかる気がしました。

今私たちはものすごい速さで自転しながら太陽の周りをまわっている地球上にいるわけですが、生活に追われて宇宙の神秘を考えるマもなく暮らしています。こういう天体現象があるとちょっと厳粛な気持ちになりますよね。スタジオにplanetと名付けて、以前は「プラネットってどういう意味ですか?」と聞かれることもありましたが、今では番組名や施設名にプラネットとつくところが増えてきて聞かれることもなくなりました。

話とびますが、前回の日記で長野県には8つの県が接していることを書きました。その8つの県のいずれにもない(はずの)チョコレート店、ベルギー王室御用達のレオニダスを扱っているレストランで斎藤ホテルの高瀬渓谷ツアーのランチでした。でもパンフレット見たら埼玉県には唯一、北浦和にお店があるとのこと。北浦和に住んでいるお友達始め何人かに聞いてみたら知っていました。一度行ってみたいと思いながらようやく行ってきたところです。お友達が血糖値を上げないシュガーフリーのチョコレートがあることを教えてくださったのでそれを始めいくつか買ってみました。お高いチョコレートだと惜しみながら一粒いただいただけでやめられるのが良さそう。
鹿教湯温泉 斎藤ホテルに行ってきました
2021.10.16
前回の更新から1ヶ月半も経ってしまっていることに気がついてびっくり。緊急事態宣言あけて二週間たちました。

13日から2泊で鹿教湯温泉斎藤ホテルに行ってきました。斎藤ホテルでは宿泊客に<斎藤たより>という眺めているだけで楽しくなるような綺麗な写真満載のおたよりを送ってくださいます。斎藤駕籠屋というバスツアーを毎月いくつも企画していて、そのツアー先の景色などを紹介したもの。毎週金曜日の夜にはロビーコンサートと称するライブも行っていてその出演者の紹介なども。

いただいたお便りの中で、毎年人気という”高瀬渓谷の紅葉を見に行くツアー” を申し込もうと思ったら定員30人がすでに満席でキャンセル待ちとのこと。行けなかったら安曇野辺りに一人で出かけても良いしと、とりあえず予約。数日前にキャンセルが出たということで参加できることになりました。<斎藤たより>が届いた頃から三日ぐらいで3回のツアーが満席になったのだそうです。高瀬渓谷の翌日は上高地へのツアーで連日参加の人もかなりいるようでした。

今年は10月にはいっても夏のような暑さで、紅葉は遅れていて残念でしたが、8万個の石を(お城の城壁のような)野面積みにしたダムだけでも見応えありましたし、水をたたえたダムの向こうにちょこんと頭だけのぞいている槍ヶ岳なども見えました。高瀬ダムへはマイカーやバスの乗り入れはできず、地元の許可を得たタクシーだけが行けるので、ツアーでタクシー相乗りで連れて行っていただけて良かったです。斎藤ホテルのツアーは車内のガイドも毎回「そうなんだ〜」と思うような解説がたくさん聞けて楽しいです。長野県は周囲8つもの県に接していることも、このツアーで知ったのでしたし。我が埼玉県もちょっとだけですが接しています。皆様、8つの県、思い当たるでしょうか?

斎藤ホテルは温泉プール(ただおの温水ではなく温泉水)があること、トレーニングルームがあることなどで、股関節症の私は2007年から現代の湯治宿として利用するようになりました。当時、ロビーコンサートの企画や司会をなさっていた赤羽泉美さんは、その後プロのジャズフルーテイストに転向してご活躍。この秋に2枚目のCDをリリース、記念のライブも横浜でなさるとのことでご案内いただきました。斎藤ホテルのサロンコンサートで聴かせていただいた演奏者がスタジオに「初めまして」とこられて「いえ。斎藤ホテルで聴かせていただいています。」みたいなこともこのブログに書いたことがあったと思います。斎藤ホテルでは「お帰りなさい」とお客様を迎えてくださるので、故郷にかえったような気がします。

今回は、買い替えたばかりのスバルXVで行ってきました。行く時にカーラジオでたまたまつけた「大人のラジオアレクサンドリア/ロバートハリス氏DJ」というのがなかなか良くて、宿に着いてからネットで見てみたら深夜放送を聞いて青春を過ごした60代70代を対象にした番組なのだそう。そういえば若い頃、オールナイトニッポンとか、東京の下宿先でしか聞けなかったジェットストリームとか懐かしく思い出しました。

その番組の中で、ロバートハリス氏のお父様も講師をなさった<100万人の英語>がNHKの朝ドラのテーマになるということで見てみようと思っています。祖母、母、娘、3代にわたるラジオ番組との関わりを描いたドラマでタイトルはカムカムエブリバデイ。楽しみです。
近況
2021.06.30
月に一度ぐらいはブログを更新しようと思いながら、あっというまに時間が流れていきます。スタジオの利用頻度は減っていますが、もともと脚の具合が悪くなったときに、調律師さんに貸し出しの代行をお願いしたことで、貸し出しのペースを大幅に減らしておりました。脚の状態がちょっと改善したのでまた元のような貸し出しをぼちぼち再開し始めたところにコロナ騒動。ご利用が大幅に減っているのはコロナのせいばかりでもありません。年齢的に定年退職するような年でもありますから、「世間の人が退職したら週に1.2度出社するようなペース」と同じようで「今の私にはこれぐらいでちょうど良いのかもしれない。」と思ったりしているところです。

スキーをしたりフラメンコまで踊っていたような私が足に異変を感じ変形性股関節症と診断されたのは何年前になるのかしら? <人工関節にしない保存療法>で診てくださるという石和(山梨)の富士温泉病院に月に一度ぐらいのペースで診察とリハビリに通っておりました。富士温泉病院が昨年初めのクルーズ船のコロナ患者の受け入れを始めた最初の病院だったことをかなり後になって知りました。私は昨年の1月に行ったきり「コロナ患者受け入れの病院になった」という話を聞いて「敢えて今行かなくても。コロナが終息してから。」と思って予定していた検診をキャンセルしました。昨年暮れに(手術が主流の中で)保存療法で診てくださる稀有なお医者様ということで全国の患者さんから慕われていた富士温泉病院の矢野先生が突然亡くなられてしまい、患者の私たちは呆然。


昨年のクルーズ船のコロナ騒ぎの頃は「まぁ、お気の毒」と思いながらニュース見ておりました。最初の緊急事態宣言でゴールデンウイークまで我慢すれば夏ぐらいには良くなるのかと思ったのでしたが、一年経ってもこんな状態とは予想もしませんでしたよね。オリンピックも一年延期すればなんとか穏便に開催できるのかと思ったのでしたが、今は「オリンピック後に日本はどうなっているのだろうか?」とハラハラしながら過ごすような日々です。


股関節症の方は某トレーニングジムから独立なさった良いパーソナルトレーナーをご紹介していただいて、富士温泉病院の理学療法士さん並みの指導をうけることができるようになってラッキー。一度は暇にしているスタジオプラネットに来ていただいて床にマットを敷いて指導を受けました。「大きな鏡があっていいですね。ご家庭の姿見だとこんなに映らないですから。」それ以来、家でかさばっていたバランスボールはスタジオにそのまま置いてあって、スタジオに行くとピアノを弾いたりフルート吹いたりする前後に、教えていただいた運動をしてみております。


股関節症のリハビリということで(ウマ年に)始めた乗馬も続けていて、当初、越生の乗馬倶楽部に通っておりましたが、今は伊豆下田乗馬倶楽部に月に1度ぐらいですが通っています。こちらはセンタードライデイングという<人にも馬にも優しい乗り方>でレッスンしてくださるのが大きなポイント。南伊豆の自然の中でキジの鳴き声を聞いたり時には姿を見たり。東京駅からの踊り子号への乗り換えは浦和からの列車が着く同じホームなので一度乗り換えるだけですから便利。往復に時間はかかりますが、以前は読書タイム、今はNetflixでダウンロードした映画やドラマをi-padで見ながら通っています。日頃なかなかまとまった時間とれないのでこれはこれでヨシと思うようになりました。首都圏から通っている人が多くて、中でも埼玉県組が一番多いです。秩父から通っている人がいたのも私が会員になる決め手になりました。それだけ魅力のある内容のレッスンと雰囲気ということだと思います。


そんなこんなで日々暮らしております。皆様もどうぞ気をつけてお過ごしくださいますように。

- CafeNote -