この一週間のこと
2018.10.27
あっというまにマリアデユオ企画の都内での演奏会、翌日のスタジオでのギター演奏会から一週間経ってしまいました。プラネットでの新野英之氏と大坪純平氏の演奏会においでくださった皆様どうもありがとうございました。素敵な演奏を聴かせてくださったお二人に感謝!  プラネットの広さはギターの響きにちょうど良いのではないかしら。演奏家のお二人も気に入ってくださったようで「次回を計画したいよね。」とおっしゃってくださっていました。

その前日、マリアデユオ企画の演奏会には都内在住の高校時代の友人を誘ってでかけました。メール交換だけで「会うのは3年ぶり」と彼女から知らされてびっくり。3年と言ったら中学や高校に入学して卒業するぐらいの年月。会場となったカフェで彼女が最前列に席をとってくださっていました。「ギター界では知らない人はいないのよ。」と紹介された方がお隣で、ステージでお見かけしたことのある著名なギタリストさんも来られていて盛況。フランスから来日されたジェラールアビトン氏の演奏は素晴らしく、「来年もまた日本に来たい」と言われていましたから今年聴けなかった方は次回には是非!

友達とはその後池袋に出てベトナム料理のお店に。友達が話題にした「ふげんびょう」というのを知らなくて「どういう字?」と聞いたら「夫源病」とのこと。文字通り旦那さんが原因で体調を崩すようなことで、ネットで見てみたらいわゆる更年期と言われてきたものも夫源病だったりするようなことが書いてありました。職場のストレスなら我が家に戻って解放されるでしょうが、家にストレスの原因が居るのでは大変そう。

22日23日は温泉病院に足のリハビリに。温泉病院に通い始めたときに(今は他に移られた)療法士さんに「スタジオと足とどっちが大事?」と言われてスタジオを一度はやめようとしたのでした。調律師さんが「調律がある貸し出しは代行します。」ということで、調律をつけてくださる方のみの貸し出しに限定してスタジオを続けてこられたようなことでした。跛行はしておりますがリハビリの甲斐あって痛みは解消したので私もスタジオの貸し出しに少しだけ復帰できました。「今回で温泉病院通いも御終い」と思って菓子折なども持参して「おかげさまで足の調子も良いのでしばらく様子を見ようと思います。」とご挨拶。療法士の先生は「リハビリは好きなことをするためにしていること。好きなことが自由にできるようになったのなら時間とエネルギーは是非とも好きなことに使ってください。」と言ってくださって感激。逆に「こんなに良い療法士の先生とこれっきりにしたくない。」と思ってしまったようなことでした。

勝沼インターをおりて山に囲まれたぶどう畑沿いの道を走って、笛吹川を越えて温泉街に入るところで故郷に帰ったような気になって「今回が最後」と思ったら、たまらなく切なくなりました。結論として「車検のように年に2回、比較的時間のとりやすい2月8月にメンテナンスのように来ることにしよう。」ということにしました。

温泉病院でのリハビリが1時半と早く終わったので、初めて青梅街道を通って帰って来ました。高速をつかって2時間強ぐらいで往復しているところを柳沢峠から奥多摩湖をとおって道の駅などで休憩とりながら6時間かかって帰宅。カーブの多い山道でしたが紅葉が始まっていて、自宅から観光で出かけるには遠いけれど、山梨の温泉病院からの帰りの片道なら走りとおせます。昨年の秋には秩父から雁坂峠を走って温泉病院に向かって紅葉を楽しんだことを思い出しました。柳沢峠の現代風茶店(?)での湧水によるコーヒーが美味しかったです。学生時代、吉祥寺にいたので青梅街道は馴染みがあって、青梅街道を山梨側から走れたのは嬉しかったです。
健康長寿
2018.10.19
AIが導きだした健康長寿について取り上げたNHKの番組ご覧になりましたか? 平均寿命と健康寿命が異なることはよく言われますが、男性では9年、女性では12年も開きがあるのだそうです。晩年12年も寝たきりでは悲しいです。番組の最初に「食べ物より運動より◯○」というようなことで、見ている側は「え?それってな〜に?」と思うようなことでした。

番組の詳細について解説したページをブログの最後にご紹介しておきますので、関心のある方はそちらを見ていただくとして、○○にはいるのは実は<読書>ということでした。健康寿命が一番長いとされる山梨県に行ってみたら図書館が多い(人口に比してだったかしら?)というようなことで私が温泉病院に行くと、リハビリの予約時間まで待つのに立ち寄る図書館も映りました。病院から一番近いこじんまりした図書館は最近閉鎖されてしまったのですが、かなり大きな二つの図書館が車をちょっと走らせた所にあります。「神の雫」のような漫画もあるのにちょっと驚いたり。第二の故郷みたいになっている山梨が健康長寿日本一というのはちょっと嬉しい気がしました。


話とびますが、草笛光子さんの舞台「6週間のダンスレッスン」見てきました。友達にその話をすると「テレビで練習風景を見たわ。」と言う人が多いです。舞台の最初では66歳というような自己紹介で始まるので「お若い役の設定なのかしら。」と思っていると途中で口をすべらせて84歳とうっかり実年齢を言う場面があって客席の笑いをとっていました。ダンスレッスンを受ける話ですから、ワルツやタンゴを実際踊ります。身のこなしが軽やかで素敵、すっかり憧れてしまいました。図書館で「いつも私で生きて行く」という草笛さんの本を借りてきたらパーソナルトレーナーをつけての筋トレは70歳を過ぎてからできっかけは2006年初演の「6週間のダンスレッスン」だったのだそう。


日経おとなのOFFの表紙に「驚きの84歳」ということできくち体操の創始者の菊池和子さんが載っています。草笛さんと同じ84歳。女性の健康寿命は平均で74歳ということですからお二人のようにそれを上回って溌剌としている方を目標としていきたいと思うこのごろです。

番組の詳細 http://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00692.html
ネパールの少年のギター
2018.10.11
「レッスンをやめたらギターを弾かなくなりそう。」と思っておりましたが、やめてから1日も欠かすことなく弾いています。「練習せねばならぬ」という気持ちから解放されて気楽になったみたい。(苦笑) マリアデユオの洋子ねえさん(藤森さん)と会うのにお茶を飲んだりランチをしたりというよりは年に2.3回でもギターをみていただきたいとお願いしたところです。

ギターレッスンをやめようと思った動機のひとつはフリーの日(昼間)がほとんど無くなってしまっていたこと。(フルタイムでお仕事なさっている人は皆さんそうなのでしょうけれど。)<スタジオを初めてご利用の方>にはあらかじめ下見に来ていただいて納得した上で借りていただくようにしているのですが、その下見の候補日を挙げるのも難しくなってしまいました。友達3人で会うのも都合が合わなくて「またの機会に」と断念したり、同窓会のこの地域のミニ支部の幹事会も書記をおおせつかっているので参加したいと思うのに欠席になってしまったり‥みたいなことで。何を削ろうか?と思った時に、優先順位から考えて、”いっこうに上達しない”ギターレッスン(月二回)と足のリハビリで通ってきた石和の温泉病院(一泊二日)をやめることにした次第。これで月に4日フリーの日が増えました。

マリアデユオが<ネパールの子供たちに50台のギターをプレゼント>というクラウドファンデイングをなさっていたのに関心を持って協力させていただけたのは「ギターを習っていればこそ」でしたから、「それだけで自分がギターと出会った価値はある」という気がしております。寄付した人の名前をギターに入れてくださっています。個人名だけでなくプラネット>とスタジオ名も入れてくださってある写真が送られてきて感激。ネパールで私が送ったギターを弾いている少年がいると思うとほのぼのした気持ちになります。

ギターを持った嬉しそうなSapana Sahahi 君の写真と自筆のお礼のカードを送っていただきました。指さしている先にスタジオと私の名前が書かれています。50台のギターを手に持った嬉しそうな子供たち全員の集合写真も同封されてきました。それまでは少ない台数のギターを交代で弾いていた子供たちは自分たちの楽器を各自持って練習することができるようになりましたし、今後ギターオーケストラも始めるのだそう。先日聴かせていただいた浦和ギターマンドリンクラブのような本格的な曲に取り組むのはまだ先の話としても、一人で弾く楽しさの他にアンサンブルの楽しさも味わえるってなんて素敵なことでしょう! マリアデユオの行動力、本当に素晴らしいと思います。

リメンバーミー
2018.09.23
リメンバーミーのDVDを借りてきました。メキシコのお話ですが、日本のお盆のように祭壇を作って先祖を敬う日のお話。亡くなった人たちの黄泉の世界が描かれていたりしますから「お彼岸に(ご先祖様のことをを思いながら)見るのになんとふさわしい映画!」と思いました。一度見終えると「あの場面がこの場面の伏線だったか。」というような箇所がいくつもあって、最初からもう一度見たくなります。

一週間借りてあったので日本語字幕と英語字幕と、ボーナストラックとしてメイキングのようなスタッフの裏話が入ったのと三回も見てしまいました。借りてある一週間の間に繰り返し3度も見たのは初めてです。色彩も綺麗ですし、心温まるハッピーエンドも(見ていない人にネタバレになってしまうので書けませんが)あらすじを知っているのに毎回涙‥でした。

ボーナスで入っているメイキングというと、一般的にはボツになったシーンが入っていたり、裏話をちょっと紹介みたいなのが多いように思いますが、映画と同じ長さで逐一この場面は「メキシコのこういう慣習を取り込んで」というような細かい解説があるのが興味深かったです。アニメの中で主人公といつも行動を共にしているダンテという犬が、ショロ犬というメキシコ特有の犬であることの紹介動画も、実際のショロ犬がたくさん見られて楽しかったです。ネットで見てみたら毛が生えていないので湯たんぽ代わりみたいな実用犬だったりするのだとか。メキシコでは<死んだ魂を目的地に導く>と伝えられてもいるのだそうです。

映画にはギターが登場したりスペイン語が飛び交ったりするのも、ギターもスペイン語もかじっている私には嬉しいことでした。



上記でみられない場合you-tubeのURL(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=-9b9jireyKQ
<マチネの終わりに>の映画化
2018.09.16
平野啓一郎さんの<マチネの終わりに>が映画化されることが話題になったのをきっかけに、
買ってあった<マチネの終わりに>のCDを久しぶりに聴きました。このCDは2016年の10月19日発売。私は発売前に予約しておりました。というのも、小説ではギターの名曲が演奏される場面が多い中で、ただ一曲だけ架空の曲<幸福の硬貨>というのがあって、当然のことながら聴いたことがないわけで、小説読みながら「どんな曲かしら?」と思っていたのでした。それが新たに作曲されて収録されているとのこと。「どんな曲になったのだろう? 聴いてみたい!」という思いからでした。

この<幸福の硬貨>はボーナストラックとしてCDの最後にもはいっていて、CDの解説によれば最初の演奏(2分30秒)よりやや長い(2分52秒)ゆったりした演奏になっているのは、小説の中で二回演奏される状況が違うので、それぞれ弾き分けているのだそうです。他の曲についてはこのCDのために新たに演奏したわけではないので演奏した年齢に25年の幅があるそうです。そういう観点からもちょっと面白いCDなのかもしれません。

このCDが発売された後に、作品のモデルと(読者の皆が思っているであろう)ギタリスト福田進一氏、作家の平野啓一郎氏、それに<幸福の硬貨>を作曲した林そよか氏の三人のトークもある白寿ホールの演奏会も聴きに行きました。いつだったろうか?と思ったら2017年の1月7日のこと、私の記憶が間違っていなければ、新聞に連載している頃から「映画化はしないでほしい。」という声が上がっていたようでした。主人公たちのイメージが演じる役者さんのそれになってしまうからというようなことで。今回の映画化では福山雅治さんと石田ゆり子さんが演じるということで、映画化しないでほしかった人たちにとってはどうなのだろうか?イメージに近いのかしら? と思います。

「映画化されることで、クラシックギターの魅力に多くの人が関心を持ってくれると良いのだけれど。」と私のギターの先生が言っていました。ヴィラロボスのガボットショーロとかピアソラのタンゴ組曲とか私は大好きなのですが、巷ではあまりポピュラーではなさそうですものね。ギター曲というと「禁じられた遊び」「アランフェス」「カヴァテイナ」といったところどまり。私は最初に(フルートとの二重奏の)ギターのパートナーがスタジオに持ってきてくれた(その人がスペインで師事していた)ホセルイスゴンザレスのCDのスペイン舞曲 アンダルーサを聴いた時の衝撃が忘れられません。「ギターってこんなに表現豊かな楽器だった?!」 本来ピアノ曲なわけですが、まるでギターのために作られたように思われるほど素敵な演奏です。

「ギターはその音色を聴くのが好きなのであって、習い始めちゃったのは誤りだったのではなかっただろうか?」と思うこの頃です。でもたとえば老後、どこかの施設に入らなくちゃならないようなことがあったとしてフルートだと響きすぎて部屋で吹けないけれど、ギターなら迷惑にならずに部屋で一人で弾いて楽しめそうだし、フルートでは演奏を聴いてもらうことしかできないけれどギターなら歌の伴奏できたりもしそうだしと思ってみたりしております。

- CafeNote -