非常時の備え/ジェラールアビトン 詳細
2018.09.07
台風21号が去ったと思ったら今度は北海道での地震で驚きました。先月の避難所設営訓練で地震を体験する起振車がきて、ダイニングテーブルに座っている設定で震度6という揺れを起こしていました。私は車酔いみたいになりそうだったのでパスして見学だけ。体験した人たちは口々に「あの状況では身動きできない」と言っていました。かなり前の宮城県沖地震のときに(当時仙台に住んでいた)父が「テーブルの下などに入るように」と言われているけれど、部屋が揺れてテーブルが動くので一緒になって床を這わなくちゃならなかったと話していたことを思い出しました。

温泉病院のある山梨は富士山を抱えている(?)だけあって、避難訓練に「富士山が噴火したとき」というのを先日は役所内で机上での計画のようなことをして、11月には民間の人たちを交えた実際の訓練をするような報道がされておりました。災害は自分の住んで居る地域とは無縁のことのように思いたいですけれど、「被災地の方々はお気の毒に。」とテレビを見ていた人たちが「まさか自分たちが避難所生活をするなんて。」みたいなことですものね。他人事ではありません。

私は阪神淡路の震災以来、水やレトルトのご飯などの非常食、カセットコンロのガスボンベなど用意してあります。車のガソリンも半分になったら満タンにするようにしています。東日本大震災の直後も、それで石和の温泉病院に行って来られたのでした。途中談合坂SAで「一台10リットル」の給油に車が長い行列をしていました。石和で満タンにできるガソリンスタンドがありましたし、スーパーではこちらでは買えないような商品も買い込んで帰宅したのでした。

東日本大震災のときに計画停電がありました。そのときは懐中電灯や蝋燭でしのぎました。懐中電灯の灯りの先にペットボトルの水を置くと光が散乱して周囲が明るくなるということで廊下にひとつそんな風にして置いてみたりもしました。その後、廊下にいくつかある埋め込みの照明器具のひとつを非常時にLEDが5.6時間つくようなのに代えました。懐中電灯照らしながら歩くのでは手に持っている人だけですが廊下の灯り一つでもいつもどおり点灯していると良さそう。それにランタンも買いました。四段階になるすぐれもので、逆さにしてぶら下げることもできるのでキャンプなどする人にも良さそう。寝る前にはあまり部屋が明るくない方が良いというので、日頃の生活でも寝る前にはコレをつかっています。バロックギターの竹内太郎氏の演奏会に貸し出したことを以前書いたことがあったような。スタジオ内をほの暗くして手もとの灯りとしてこのランタンを使いました。中世の館での演奏会のような雰囲気になりました。



お約束のジェラールアビトンの演奏会の詳細
GERARD ABITONで検索するとyou-tubeに演奏動画あります。
演奏曲目などは前のチラシをクリックすると多少大きくなりますのでそちらを。
10月20日(土)カフェラルゴ 
http://www.cafe-largo.jp 03−3930−9898
13時30分開場 14時開演 チケット5000円 要予約
主催(株)マリアデユオ 048−606−2731
shinobuguitar◯mariadyuo.com (◯を@に変えてください。)

マスタークラス
10月21日(日)マリアデユオサロン 市川
東西線原木中山駅 徒歩7分
047−327−7663 藤森方
一時間13000円 5名 聴講2000円
(開始時間などはチラシにはないので直接お問い合わせくださいますように)
マリアデユオ 洋子ねえさんのお宅に
2018.09.01
きょうから9月ですね。8月末の水曜日から金曜日は<第5週>ということでポッカリ予定が何もない日ができました。、以前から一度伺いたいと思っていたマリアデユオの藤森洋子さんのご都合をお聞きしたところ運良くOKをいただき出かけてまいりました。

先月、今年で3回目になるアポヤンドギターフェステイバルをちょっとだけ聴きにでかけながら「昨年のこのアポフェスで、<ネパールの子供たちに50本のギターを>というクラウドファンデイングのチラシを見たのがマリアデユオとの出会いのきっかけだった」と感慨深く思い出しました。その後の経緯は何度かこちらのブログにも書いてきたようなことで、今や藤森さんを「洋子ねえさん」と呼ばせていただくようにまでなっております。


洋子ねえさんのところへの行き方を降りる駅から徒歩の道筋まで念入りにグーグルマップで調べました。「西船橋まで車でお迎えにいきます。」というメールを頂戴して「あら嬉しい」。当日、武蔵野線乗り場で電車を待っていた私は「南船橋行き」というの見て「終点で降りればよいのだわ。終点なら安心!」と(早トチリゆえに)思い込んでしまいました。買ったばかりのBOSEのノイズキャンセラーつきのイヤホンで電車の騒音が消えて静寂な音楽環境に感動しながら聞き惚れていたらいつのまにか終点に。電車下りて、指定通りの階段を下りたのに目印の信号が見当たりません。姉さんに電話して「確かに改札出て左? 右の階段おりた?」みたいなやりとりをしたけれどラチがあきません。そうこうするうち私が<南船橋と西船橋を間違えたこと>にようやく気がつきました。


初めてお邪魔するのに自分のドジさ加減にかなり落ち込みました。戻る電車は15分も待つようなことで洋子ねえさんを30分もお待たせすることになってしまいました。お詫びのショートメールを入れたら「会う楽しみが増しました。」というあたたかなお返事が来て涙ぐんでしまいました。以前スタジオを手伝ってくださっていた相方はキチッとした人でしたから、私のドジさ加減に「そんなことじゃ、やってられません〜。」とよく呆れられたものでしたから。


洋子ねえさんのお宅は「こんなに綺麗に暮らしてる人は見たことがない。」と思うぐらいでした、ホテルの一室のような生活感の無い、それでいて趣味の調度品が飾られた素敵なお部屋に通していただきました。開口一番「ギターで何がしたいわけ?」と聞かれました。例えばバッハの曲などに憧れているなら「この一曲だけでも」と思うような憧れの曲を丁寧にさらうようにして身につけるとか‥みたいなお話など。私はフルートでメロデイだけなら吹けるわけだから、ハーモニーを奏でたいこと、それに簡単な弾き語りもできたらしてみたいなことも。(フルートは吹きながら歌えませんものね。ミカラペトリさんがリコーダー吹きながらハミングみたいになさるのを聴いてびっくり。)


長くなってしまうので、マリアデユオが企画なさっている10月のジェラール アビトンの演奏会のご案内も含めて次回に続きを書くことにいたします。
障害者手帳/障害者乗馬
2018.08.28
先日、那須塩原警察署からの封書が届き「何かしら?」と開封したら、「遺失物確認通知書」というので、私の身体障害者手帳が届いているとのこと。先日那須に乗馬に行ったときにバス運賃の割引を受けるのに手帳を見せたときに落としたようです。それなりの手続きをした上で着払いのゆうパックで送っていただけることになりました。遠方まで出かけずに済んでホッとしたところです。

最近、障害者雇用において<障害者手帳を持っていない>ということで、不正水増しというようなことが言われています。障害がありながら障害者手帳のことを知らずにもらわないだけの障害者も大勢いるように思えてなりません。私も何箇所かの整形外科を受診しながら障害者手帳がもらえることは知りませんでした。私が跛行しているのを見たタクシーの運転手さんから「障害者手帳もらったらどう?タクシーも割引になるんだよ。」と親切に言っていただいて市役所(今は区役所)の窓口に問い合わせに行ったようなことでした。

市の認定を受けた病院で診断書を書いてもらうこと。「その診断書を提出して市側の判断で障害者手帳がもらえなくても診断書の費用はかかりますよ。」というような説明を受けました。(認定されたら診断書の補助金がでるのだったような?)正直なところ最初は「え!私が障害者?」とショックを受けたのですが、「自分の中に障害者への偏見があるということではないのか?」と省みて思いました。

数年前に廃止になりましたが、私のような股関節症の患者は人工関節にすると障害者手帳がいただけました。痛くて歩くのが困難な人たちが「手術してスタスタ歩けるようになったら障害者認定されるっておかしな話。」と思っていたら、それは廃止になりました。(手術した結果すべての人が良くなるわけでもないので、生活に支障が残るような人は手帳をもらえるのだと思います。)障害者手帳は一度いただくと生涯有効なので、改正以前に人工関節の手術を受けてゴルフなど楽しんでいるような友達も障害者手帳はそのままで特典を受けています。生涯ではなくて見直す自治体もでてきたらしいですけれど。

話変わります。英国には障害者が乗馬を楽しむ RDAというアン王女が総裁を務める慈善団体があります。日本でも同様の会が1998年に設立されています。私が乗馬を始めたときに「股関節症なのに馬に乗れるの?」と驚かれることが多かったのですが、ドイツなどでは作業療法士さんがリハビリメニューを作ってくださったり保険も効くような立派なリハビリメニューになっているのだそう。帝京科学大学の作業療法学科の論文「乗馬療法を取り入れた作業療法プログラムの開発」というのがネット上にアップされております。日本でもそういう専門家が育成されたらと願っております。お馬さんに乗らないで触れ合うことで癒されるホースセラピーなども近年あるようです。お馬さんに限らず動物の持つ癒しの力は音楽と同じぐらい大きいのではないかしら。
台風の被害
2018.08.22
この夏、台風が次々発生しています。皆様のところは台風の被害はございませんでしたか? スタジオのあるビルの敷地内の樹齢150年ぐらいのザクロが台風で傾いてしまいました。根元の方を見るとほとんど皮ばかりみたいなことで支えの柱3本で持っていたのが台風13号で支えが外れてしまったようなことでした。主人と有り合わせの丸太を二本入れてヨイショヨイショと少しづつ押し上げて起こしたものの、奥に止めてある車の出入りができなくなりました。それに今度また台風が来たらボッキリ折れてしまいそうでもあります。



植木屋さんに見に来て頂いたら、上の方が重すぎるのでかなり詰めることになりました。これで<風当たり>もかなり違ってくるはず。あらたに支柱3本で支えていただきました。次の台風が来る前に間に合って良かったとホッとしているところ、寿命を全うしてほしいと願っています。100歳になる伯母が子供の頃にこの木の根元で遊んでいたそうです。床屋さんに行ったみたいにスッキリしました。


アイランドホースリゾート那須
2018.08.11
台風が関東地方直撃するかもしれないと報道されていた9日の午前中、アイランドホースリゾート那須での外乗を知人が予約してくださっておりました。「キャンセルする?どうする?」というようなメールのやりとりをしたあと、前日8日に問い合わせをしようとしたら定休日で「行ってみるしかないよね」ということで果敢にでかけました。大宮駅で東北方面の新幹線ホームは溢れんばかりの人でびっくり。ちょうど私が乗る8時10分の新幹線の直前に二台の青森行きがあって、それが混雑していたので「これから東北方面に台風が行くのにみなさんお出かけするのだ。」と自分のことを棚に上げて思ったりしました。

途中青空も見えてきて「これなら騎乗できそうね。」と話しながら向かいました。雨は大丈夫でしたが暴風に近いような風がすごくて、折れた枝などが飛んでくると危険なのでショートコースに変更ということでした。木々を揺らす風のゴーッという音がすごくて、馬が驚いて暴走しちゃったら柵のある馬場ならいざ知らずこの広さで突っ走る馬にしがみついている自信もないので乗るのをやめようかと一度は思ったのですが「せっかくここまで来たのだ」と思い直して乗ることに。(左が私)



東京ドーム11個分の広大な敷地。これまでも富士山の裾野などの外乗に行ったことがありますが、一般のトレッキングコースなどを利用したもの。こちらは自社の敷地内での外乗ができます。北海道ならいざしらず首都圏からこんな近いところにこんな広々したところがあるなんて。」と驚くやら感激するやら。地名に那須とついていますが実際には大田原市のようです。

こちらでは馬糞を利用した無農薬野菜を作る農場を持っているのだそうで、乗馬クラブの受付や更衣室などがあるクラブハウスが眺めの良いレストランにもなっていて、私たち以外はランチだけに来られたような家族がお食事を楽しまれていました。都会的でお洒落なレストランで風景が美しく見える大きなガラスの壁面の向こう側に、思いがけずミニチュアホースが登場してちょっとした芸も披露してくださって子供さんたちが(私もですが)喜んでいました。

YOU-TUBEにこちらの紹介がありましたので載せておきます。この最後にレストランの隅の方にピアノがあるのが写っていますが、ときどきライブなどもなさっているのだそうです。乗馬して美味しいお食事をいただいて生演奏もついていたら最高の贅沢。こちらの農場ではこの4月から湯津上村民食堂というレストランも始められたのだそうです。村民食堂は軽井沢(星野リゾート)が有名ですが関連あるのかしら??



乗馬の案内をしてくださった女性スタッフの車に NO HORSE/ NO LIFEというステッカーが貼ってありました。「馬がいなかったら人生じゃない」ぐらいの感じでしょうか。

宇津井健さんが80歳でスペインに10年ぶりに(奥様の介護で中断していた)乗馬をなさったドキュメンタリー番組があったことを乗馬雑誌で知りました。70歳過ぎてから人生すごく楽しくなったのでもっと早くに70歳代になりたかったと話されていたそうです。なんだか嬉しくなりました。私も80歳までスタジオもお馬さんも続けられたらと願っています。

- CafeNote -