竹内太郎氏 リュート演奏会のご案内
2017.12.14
<ジャズのゆうべ>盛況のうちに終了。その日に発売になった椿のジャケットが素敵なCDの紹介があり、演奏曲目もそのCDの中の曲の数々。プラネットでジャズボーカルの会を定期でご利用の主催者ご夫妻が聴きに来てくださったり、6月に語りとジャズのコラボでご利用の方たちが聴きにきてくださったり。音楽仲間の輪の広がりが嬉しいです。

岩崎良子氏は12月23日にミューザ川崎シンフォニーホールでの演奏を控えていて、ゲスト演奏は何と日野皓正氏なのだそうです。そのリハーサルの模様などユーモアたっぷりにご紹介くださいました。ぜひとも聴きに行きたいところですが、その日は私がスタジオの貸し出しをしなくちゃなので無理なのです。残念。

スタジオでの会は内輪のものが中心で、皆様にお声掛けできる演奏会が少ないのですが、1月に英国在住でご活躍のリュートの竹内太郎氏を迎えての当プラネットでは三回目となる演奏会がございますのでご紹介させていただきます。スタジオの響きを気に入ってくださって、マイナーな会場ですのに繰り返し演奏においでくださっています。

<ネパールの子供たちにギターを>のクラウドファンデイングが成立して、ハンドル名のプラネットと私の名前を入れたギターを持って満面の笑みの少年の写真がお礼状とともに送られてきました。そのプロジェクトを実現させたマリアデユオのお二人も今回の竹内氏の演奏会においでくださることになりました。竹内氏とは以前からのお知り合いとお聞きして「いろいろなところで繋がっているものだなぁ」と思います。チケットのお申し込みはプラネットの私宛でもお取り次ぎさせていただきます。ぜひお出かけくださいますように。私も毎回、お話も合わせて楽しみに聴かせていただいております。



<ジャズの夕べ>のご案内
2017.11.24
スタジオプラネットで10周年になる<ジャズの夕べ>のご紹介をさせていただきます。ジャズピアニストである岩崎良子氏は教会のパイプオルガニストでもあって、お茶の水のカザルスホールでのリサイタルを聴きに行ったことがあります。カザルスホールでのリサイタルもギタリストの高木潤一氏との共演でした。カザルスホールは閉館になったあとどうなったのだろうか?と今調べてみたら<カザルスホールを守る会>というのが著名な作曲家などによってできているようです。取り壊すには惜しいホールですものね。

今回は前にもスタジオでの<ジャズの夕べ>に出演なさったことがあるパーカッションの藤橋万記さんとトリオでの演奏。12月にはこの三人の演奏のCD発売予定もあるそうで楽しみです.

お申し込み/お問い合わせ 090-4718-0571 管家様

とりまぜていろいろ
2017.10.22
最後のブログを書いてからあっというまに一ヶ月。<質の良い睡眠をとるために9時半にはパソコンを閉じよう>と決めたらブログなかなか書けなくなってしまいました。ブルーライトカットのメガネをかけて作業していますが、それでも寝る前のパソコンは控えようかと。

この一ヶ月の間に書きたいことはたくさんあって、黒柳徹子さんが車椅子で主演なさった「想い出のカルテット」を観に行ったこと。股関節症の私は周囲に股関節置換手術をした知人が何人もいて、手術やその後のリハビリの大変さを知っているだけに骨折から一ヶ月後にリハーサルもこなして舞台を迎えられた黒柳さんの精神力に感服。最後のカーテンコールで黒柳さんが笑顔でお客様に挨拶なさるのを見て涙があふれてきました。(股関節全置換と大腿骨頭の手術では厳密にいえば違いますが。)

その会場で50年前に大ファンだったジリオラチンクエッテイの来日公演のチラシをいただきました。すでにチケット売り切れですが、急遽立ち見席を販売することを決定とのこと。立ち見で12000円は高いのでさんざん迷いましたが、同世代(やや年上)で素敵に年齢を重ねられた彼女のチラシの写真を見て<悔いが残らないように>行ってみることにしました。彼女が歌った「雨」などは、当時あまり何度も聴いたので覚えちゃって意味もわからずにイタリア語で歌えます。「今でも歌えるのかしら?」と歌ってみたらちゃんと覚えていました。若い頃の記憶力ってスゴイです。

そういえば、セルソ マシャドのギター公演を聴きに行った時、アンコールですごい盛り上がりで、<イパネマの娘>を会場の皆に歌うようにうながしたらポルトガル語(ブラジル語)で会場が合唱していました。私も大好きな曲ですがアストラッドジルベルトの英語バージョンを聞くことが多かったので原語で歌えなくて圧倒されました。

先日のスタジオプラネットでのショコラプラスの<秋のサロンコンサート>では、イパネマの娘やジリオラチンクエッテイの歌が流行っていた頃の私の青春時代の曲の数々が披露されました。<ロシュフォールの恋人たち>は私が大好きな映画でDVDも持っています。実は私の初デート、この映画を見にお誘いいただいたのでした、でも誘ってくださった相手は友達が憧れていた男の子「え?彼女じゃなくて私?」みたいなことで、でも断らないでノコノコでかけて行ったのでしたから、後ろめたいようなあまり良い思い出ではありません。でもそういう苦い思い出もひっくるめて<私の青春>に間違いありません。アンコールで歌われた<青い影>始めどれも本当に懐かしく大好きな曲の数々をプラネットでピアノ、ベース、ドラム、それぞれの演奏も素敵なら、そこにさらにチャーミングな歌声、幸せなひと時を過ごさせていただきました。
藤野様 秋のサロンコンサート
2017.09.22
来月15日のスタジオプラネットでの演奏会のご案内です。チラシをデータでお送り頂いておりますので、ご紹介させていただきますね。一昨年、昨年と素敵なライブを聴かせていただきました。今年はドラムも加わって、さらにパワーアプ。私もとても楽しみにしております。こういうお洒落なライブ、都内では常時しているようなお店が多いのに、浦和には無いことがとても残念です。



ギターの発表会 
2017.09.21
浦和に戻って一週間、風邪をひいてしまいました。久々に会う約束をしていた友達との女子会、一人が「風邪」ということでキャンセルが入ったので、喉が痛かった私も便乗して延期にしていただきました。延期になってホッとしたら、いつ以来かと思う本格的な風邪。他の予定もキャンセルして休養しています。「きょうこそブログ更新しよう」と思いながら微熱があってボーッとしていて文章がまとまりません。

ギターの先生のブログで恥ずかしくなってしまったのは、入り口に出しておいた額縁の中身。スタジオはビルの三階で、階段をあがりきった所の手前にダンススタジオがあるので初めての人は「本当にここでいいの?」と不安に思われるようです。下見に来られるご利用者の方たちには「階段をあがりきったところから見えるように入り口にA4で何かご用意くださったら置いておくようにします。」と申し上げております。演奏会などでしたら事前に渡してあるチラシと同じものが飾ってあれば来場者も安心でしょうから。

ギターの先生には入り口に飾るそれをご準備くださるように申し上げていないことに気がついて「何かあったほうがいいわよね」と思ったまではよかったのですが、準備したものがプリンターの調子が悪くてプリントアウトできなくて「手書きで間に合わせちゃおう。当日限りのことだから。」と下手な字で慌てて用意したのが先生のブログの筆頭に載っていたのでガーン。

発表会そのものは、仲間内だけですので和気あいあい。オープニングは私のソロギターと、フルートと先生のギターとの二重奏。発表会当日、いつも「あと一ヶ月余裕があったら、もう少し練習してなんとかなるのに」と思います。私の拙い演奏の後だと皆さんのびのび弾きやすくなるのではと思ったりいたします。仲間内だけの会なのですが、私の友達が大坪先生のホームページやブログなど読んでいて、「聴きたい。手伝うから聴かせて。」ということで手伝ってくださって大助かり。演奏会後にテーブルを並べてそのまま懇親会。<打ち上げを別会場で>となると参加しないで帰る人もいたりしますがそのままの流れなので全員参加型。発表会の余韻も残っておしゃべりもはずみます。当初、浦和の生徒さんたちだけの発表会だったころには9席のカウンターにちょうど座りきれて、先生がカウンターの中に入っての懇親会だったことを思い出します。

今回初めてのチャレンジとして、前回の春の発表会でお会いした同世代のおじさまとミスターロンリーの三重奏が発表会の最後の曲になりました。リハーサルでは「空中分解しちゃいました〜」みたいなことでしたが、本番ではなんとかまとまって楽しく演奏させていただきました。大坪先生から写真が送られてきて、先生のブログでも公開されているので私も(遠慮して小さく)載せちゃいます。私のワガママに快くおつきあいくださったお二方、本当にありがとうございました。スタジオを始めていなかったらギターとの出会いもなかったと思うと感慨深いものがあります。

- CafeNote -