年内の最後の貸し出し終了
2016.12.29
あと数日で2017年です。スタジオは27日で年内の貸し出し終了。「年内いつまでですか?」とお問い合わせいただいたときに、「クリスマスでのご利用ぐらいが最後」と思っていたのでそう申し上げましたら27日でのご利用をごお考えだったとのことで、そこまでの営業とさせていただくことにしました。何年ぶりかでのご利用の方で、ひさしぶりにまたお会いできてうれしかったです。今年はそんな風に<調律付きのみ>への貸し出しにしてからスタジオから離れてしまわれた方々が戻ってきてくださったことが嬉しかったです。

愛犬との別れから、なかなか立ち直れなくて、むしろその前に我が家にいたゴールデンレトリバーのバロンのことも思い出して悲しくなってしまうようなことでした。これまでなら「あら、可愛い!」と思っていたようなお散歩中のワンちゃんたちを見ても、「皆、いずれ同じ悲しい思いをしなければならないのだ。」と考えてしまったりもして。慰められたのは同じ思いをなさった方たちからの言葉で、中でも心に残ったのは、介護しながら「頑張って。」と声をかけていたのが、「もう頑張らなくていいから。」と言ったら、「飼い主にしかわからないだろうと思うけれど、本当にホッとしたような表情になって、深い息をしてそのまま亡くなった。」というお話。いまでもそれぞれの方が目をうるませるようにして想いを語ってくださいました。

ちょうど「ピアノをコードで弾く練習に」ということで、チャップリンのスマイルをとりあげていたところで、その歌詞がいまの私にあらかじめ用意されていたかのようで泣けてきます。しばらくフルートもピアノもギターも弾いていませんでした。最初に復帰したのがギター、一番下手なギターが一番心の支えになったようなことでした。フルートも音程合わせを多少はしますけれど、ギターを弾く前の弦のチューニングが自分の心身のチューニングみたいなことにもなるのかと思ったりもしました。

「弾きたい曲から始めるクラシックギター」映画音楽などの続編と二冊だされているギタリストの垂石雅俊氏のギター教室がスタジオプラネットの近くにあって、ここのところ何回かクラシックギターの発表会にご利用くださっています。先日、手元にある垂石氏の本二冊にサインを頂戴しました。来年は少しギターも上達したいです。
郵便振替も時代とともに
2016.12.25
スタジオのご利用料は当初から郵便振替でお願いしております。郵便局の振替用紙には通信欄があって、そこにご利用日時を書き込んでご利用の一ヶ月前までにお振込みいただくことで、当方にその通知が届くのでオーバーブッキングをしないための最後の砦のような役割をしています。時間の勘違いをされて早く来場された方もあって、振替用紙に時間が記載されたのをお見せして、申し開きさせていただいたこともありました。銀行口座へのお振り込みではこんな風にご利用日時の確認はできませんから助かっています。

ご予約を電話で受け付けておりました頃に、4月と7月を聞き間違えて危うく間違って受付をしそうになったことがありました。「春休みですね。」「いえ、夏休みです。」というようなことでわかったから良かったのですが、4月と7月って曜日が同じなのですよね。来年のカレンダーでいえば4月も7月も23日が日曜日みたいなことで。今は聞き違い、勘違いなどを避けるためにファックスかメールにしていただいておりますので安心。


口座に振り込みがあった通知、これまでは郵送で届けられましたから「今の時代に悠長な」と思うぐらい手元にお知らせが来るのが遅かったのですが、<ゆうちょダイレクト/振替受払通知表 webs照会サービス>というのが始まり申し込みました。入金があったお知らせがメールで届いて、webで確認するとこれまでと同じ振替用紙の内容を見ることができます。いっそのこと誰からの入金かなどの詳細も知らせてくれたら良さそうなものですが、そこまでのことはしていただけません。


ネットでの口座を開くについて、やたらと色々な手続きがあって<本人確認のための質問>では初恋の相手の名前だとか母親の旧姓だとか、いろいろ登録した中に<好きな食べ物>というのがあって、私は何を登録したのか忘れちゃっていております。気分屋のせいか湯豆腐が美味しいと思うような時はステーキみたいなものは食べたくないし‥みたいなことで、ピザもパスタも常に食べたいわけではないので好物とは言えないだろうし‥みたいに考えた記憶だけはあるのだけれど、いったい何を登録したのだったろうか?と思います。


 ウエブのサイトに見に通知を行くのもまだなれないで、すぐエラーになってしまって、戻ろうとしても最初のログインからのやり直しになってしまいます。「果たして便利な時代になったのか、かえって不便になったのか?」と首をかしげたりしているところです。
ジャズの夕べ終了/リヴァーヴの装置 
2016.12.12
先日の菅家さん主催、岩崎さん、高木さん、府馬さんのジャズライブにご来場の皆様、どうもありがとうございました。ジャズライブということで、ジャズボーカルでスタジオを定期でご利用くださるようになったNさんも聴きにきてくださいました。今回はスタンダードジャズのお馴染みのヴォーカルの曲ではなくて、セルビアとかクロアチアとかの辺りの曲を中心に府馬さんが歌われました。Nさんが「これまで聴いたことがないジャンルの歌。心をわしづかみみにされたような感動でした。」とおっしゃっていたのを帰り際の府馬さんにお伝えしました。岩崎さんのピアノも高木さんのフラメンコギターも素敵で、私もいつものことながら聞き惚れておりました。


これまでスタジオにはリヴァーヴの装置はありませんでしたが、この度、簡易なものを備えました。(お仲間内での)ジャズボーカルご利用が定期ではいったこともありますし、府馬さんのヴオーカルでは前回スタジオの調律師の方がご自分のリヴァーヴの装置を貸してくださったので「今回は?」ということでもありましたので。ジャズボーカルの会の主催者の方に相談したら<ご自分たちもこれから使える>ということで喜んでくださって、お安くてコンパクトなお手頃な機種を紹介くださいました。興味深いのはオーケストラなどからヴォーカルだけを消すこともできるのだそうです。一般の音源を全部カラオケにできてしまうということなのでしょうね。


カラオケをする場所は世間にたくさんございますし、プラネットはカラオケを対象とした貸し出しはいまのところ考えておりません。リヴァーヴの装置は、シャンソンやカンツオーネなどを生演奏とヴォーカルでというような会でのご利用に際してご利用いただくことを前提として備えたようなことです。


愛犬が亡くなった後、主人は全く眠れなくなったと申しておりましたがついにダウンしてしまい、ちょっと大変な日々を過ごしておりました。そんなこんなで「週に一度ぐらいのペースでブログを更新したい」と思いつつ滞ってしまいました。





12月10日(土)ジャズライブのご案内
2016.11.24
11月の初雪は54年ぶりとか。きょうスタジオご利用の方に「雪で夕方のお帰りが心配です。日にちを変えてのご利用になさいますか?」と留守電へのメッセージとメール。でも後になって「平日のスタジオは空いているけれど、私自身の予定が詰まっているのだった。」と気がつきました。予定通り本日のご利用ということでホッ。

12月10日(土)のジャズライブのご案内をさせていただきます。6時開場、6時半開演。ワンドリンクつき3500円。ジャズピアノの岩崎良子さんは教会のパイプオルガニストでもあります。教会音楽とジャズと両方こなされるってすごいと思います。管家さん主催の岩崎さんのライブは好評でここ何年も続いています。いつも高木潤一さんのギターとの組み合わせにパーカッションなどゲストメンバーが入ります。今年はヴォーカルの府馬さんをお迎えします。府馬さんがプラネットに来られるのはこれで3度め。同じメンバーで渋谷のJZブラットでのライブを主催者の菅家さんが聞いてこられて素敵だったと話しておいででした。JZブラットは私も好きなお店で何度か行っていますが、遠い上に演奏開始が遅くて、いつも休憩時間に後ろ髪を引かれる思いで帰ってきます。スタジオで同じメンバーの演奏が聴けるって嬉しいことです。

同窓会 ミニ支部主催のチャリテイコンサート無事終了
2016.11.20
8月24日のブログに音大卒ではないことを書きました。その夏頃から私も幹事として、先輩たちと準備してきたチャリティコンサートが昨日無事に終了。昨年、「一階、もしくはエレベーターがあって靴のまま入れるような会場を探しませんか。」というご提案をさせていただきました。諸般の事情から13回目の昨日、チャリテイコンサートそのものが終了ということになりました。若い人も同窓会行事に入ってきてくださってはいますが、同じ顔ぶれの方が多く、スタート時から皆さん13歳年をとったことになります。「今年で最後と聞いたので何としても参加しようと思って。」と久しぶりにご来場くださったご高齢の大先輩もおいでで嬉しかったです。

「今年はリュートの演奏会」と決まったときにリュート独奏と思ったのでしたが、リュート奏者の
櫻田亨氏をお迎えして、櫻田氏のレッスンをうけているソプラノ歌手の方と同じくレッスンをうけているK先輩のリュートとリコーダー。リュート三重奏あり、リコーダーが入ったり、歌が入ったりの華やかな会になりました。櫻田氏はきょうはもう福岡での演奏とのことでお忙しい中、最終回となるチャリテイコンサートでの演奏をお引き受けいただけてありがたかったです。

同窓会の演奏会は、終了後に演奏家を囲んでのテイータイムがあって、そこで様々な質疑応答があるのも楽しみの一つ。「リュートで窓辺の下で恋人に愛の歌をなんていうこともあったのでしょうか?」という質問には、ヨーロッパは石畳だったり建物も堅牢で狭い路地裏みたいな街並みだと響きが良くて音も届くけれど、日本の木造家屋の二階屋では届かないかもしれませんね。」みたいなお話に一同笑ったり、和やかで楽しいひとときでした。演奏を聴いたあとにテーブルや椅子のレイアウトを変えて、まるで別会場に移ったみたいな雰囲気にしてしまう手際よさがすごいです。

「どうしてリュートを?」という問いに、K先輩が同窓会行事でお箏を弾く体験会があって「楽器演奏って楽しい!」と思われてリコーダーを始められて、その後退職されて(と言われたような?)時間ができてリュートも始められたようなお話で、リュートは2012年から習われているのだそう。まだ数年なのに堂々たる演奏で感服。「ギターをこの年で始めたのだもの上達しないのも仕方ない。」みたいに思っていた自分が恥ずかしくなりました。

13年の間には震災もありましたし、それぞれの同窓生のご家庭でもいろいろあったりしたことと思います。今年で終了は一抹の寂しさも当然ありますが、「つつがなく終えることができて良かった」と思います。感謝あるのみです。

- CafeNote -